開業医を支援してくれるサービス|経営を上向きにしよう

外国人旅行者増加の背景

オフィス

富裕層増加がきっかけ

インバウンドは訪日外国人観光客のことを指し、爆買いなどで日本経済にも寄与する大きな現象となっています。インバウンドの背景にあるのはアジア圏の発展が大きいです。日本に訪れる観光客を見ると、中国、韓国、台湾が3トップとなっており、以下にアジア各国が続きます。これはアジアの国々が経済的に豊かになり、富裕層の数も増加してきたことを反映しています。つまり外国に行って自国では手に入らないものを買ったり、確実にほしいものを入手するためだったり、あるいは美味しい和食を食べるためだったり、理由は様々ありますが、いずれも金銭的に余裕があるからこそできる行為です。渡航の際の手段も関係があると思われます。格安航空の登場により、渡航費用を抑えられるようになりました。このことは外国人の日本旅行に対するハードルを下げています。合わせて外務省の中国人に対するビザ発給要件を緩和していることもあり、政府のインバウンド需要を増加させるための施策も大いに関係あるとみるべきでしょう。日本のお店としても外国人観光客を無視できるはずもなく、中国語や英語などでサービスを説明したり、スマホアプリで自店をPRしたりと工夫を凝らしています。これらの活動が功を奏し、外国人が日本を訪れることを後押ししています。上記のようなことが寄与した結果、インバウンドが増加していると考えられます。一方で、アメリカやヨーロッパ圏からの観光客は比較的少ないのが現状です。アジア圏以外の人々にも粘り強く訴求し続け、魅力あるサービスを展開することで、さらなるインバウンド拡大の可能性があります。