開業医を支援してくれるサービス|経営を上向きにしよう

販売記録の簡便な収集方法

レジスター

レジと同期した仕組み

POSは販売記録を確実に残していくためのシステムであり、レジと同期しているのが特徴です。POSレジと呼ばれる記録システムを搭載してあるレジを導入して商品販売時に利用することで販売記録を残しながら会計を行えるようになっています。POSにおいて記録される情報は商品、時刻、数量、価格といった情報であり、必要に応じてその他の項目も追加することができるようになっています。個々の商品については予めシステム上にバーコードなどと対応するように登録しておくことが必要です。必ずしもバーコードである必要もなく、システムによってはQRコードなども使用することができるようになっています。レジで会計を行う際に全ての販売記録が残る仕組みになっているため、データの取りこぼしがまずありません。盗難に遭った場合を除けば売れた商品の全ての記録がシステム上に記録されています。そのため、在庫管理と販売分析に活用されるのがPOSの特徴です。システム上に入庫についての情報も入力しておくと残数を確認できるようになります。その入庫処理についてもバーコード処理することができるため、簡単な在庫管理システムとしての運用も可能です。一方、POSによって得られた情報を集約して解析するプログラムもシステム上に搭載されていることが多くなっています。そのため、販売戦略を検討する際には速やかにデータ分析を行える利便性があるのがPOSの特徴と言えるでしょう。